2010年05月22日

明日は、測量士補試験です。

いよいよ明日は、測量士補試験の日です。


測量士補試験は3時間です。
時間内に全て終え、途中退席する際
問題用紙を持ち帰ることはできません。
ですから、見直し等をしながら試験終了まで残り、
問題用紙を持ち帰ることをお勧めします。
そして試験当日、20:00前後にLECホームページにて解答速報が公開されます。
体力的に余裕のある方は、ぜひ御覧下さい。
http://www.lec-jp.com/chousashi/juken/sokuryou.html
その他、2010測量士補本試験直前チェックポイントの前半部分が、現在公開されています。
後半部分の残り5つを含めたものは、試験会場近くで配布されます。
こちらも試験前にチェックしていただければなと思います。


最後に、試験会場に受験票を持っていくのを忘れないようご注意を!
posted by tonogai at 09:36| 日記

2010年05月08日

測量士補試験,迫る!

測量士補の本試験日は,5月23日(日)です。

調査士課のメルマガ横内講師のブログを読んで気づいたのですが,
LECの測量士補・直前試験対策・解答速報にて,
島村 賢 講師の応援メッセージが公開されています。

過去問題集をどれだけ解けるようになっているかが,合格の目安として挙げられていますが,同感です。

そこで私も微力ながら何かできないか・・・と考えた結果
唐突ですが,H21の測量士補試験の焼き直し問題を1問作ってみました。
もし宜しければ,ご賞味ください。


H21-No.1改題
次の文は,測量法に関するものである。正しいものを選べ。

1 測量士補は,技術者として基本測量又は公共測量に従事することができない。
2 測量士補は,測量に関する計画を作成し,又は実施する。
3 測量作業機関とは,測量士の指示又は委託を受けて測量作業を実施する者である。
4 基本測量以外の測量を実施する者が基本測量の測量標を使用する場合には,国土地理院の長の承認を得なければならない。
5 基本測量以外の測量を実施しようとする者が基本測量の測量成果を使用する場合には,あらかじめ国土交通大臣の承認を得なければならない。



解答
1→誤(測量法48T;技術者として基本測量又は公共測量に重視する者は,登録された測量士補又は測量士補でなければならない。)
2→誤(測量法48UV;測量に関する計画を作成し,又は実施することができるのは測量士である。なお,測量士補は,測量士の作成した計画に従い測量に従事する者をいう。)
3→誤(測量法8;測量士ではなく,測量計画期間の指示又は委託を受けて測量作業を実施する者である。)
(測量法26)
5→誤(測量法30;国土交通大臣ではなく,国土地理院の長の承認を得なければならない。)
従って正しい肢は,である。


ところで5月中旬頃には,
「2010測量士補本試験直前チェックポイント」
なるものがLECの測量士補・直前試験対策・解答速報にてアップロードされます。
アップロードを確認したらこのブログでもお伝えしますので,どうぞお楽しみに。
posted by tonogai at 00:12| 日記

2010年04月18日

保育園と調査士試験

4月から保育園が始まります,というわけで,
1歳になったばかりの下の子も,この度無事に保育園へ入園しました
(私の住むエリアでは,若干入園者数に余裕があることもありまして)。

自営業の特権で,たまに子供たちの保育園への送迎をするのですが,
長男のときは,送った後泣きじゃくる息子との別れがあまりにも辛く,
後ろ髪を引かれる思いと,罪悪感を感じたものでした。

これに反して下の子のときは,罪悪感等は一切なく,
子どもが泣きじゃくっても,
けっこうあっさりと別れることができるようになりました。

これには理由がありまして,
最初の頃は,保育園に関する知識が乏しく,
保育園に預けることがあまり良いことではないというイメージが,
なんとなくありました。
というのも,保育園の居心地はやはり家庭と違ってそれほど
よろしくはないのではと・・・(保育士の方見ておられましたら,
誠に申し訳ありません!!!実際のところ,最近では家庭よりも
保育園での居心地がいい場合も少なからずあるかと思います)
しかしながら,保育園に実際に預けるようになって,
これは大きな誤解であったこと,保育園にももちろんよりますが,
少なくとも私たちの預けている保育園では,先生・職員の方たちは結構熱心で,
子供たちも(その日の機嫌や体調で波はあるものの)かなり楽しんでいる
様子であるということが分かりました。
かくして,私の保育園への勝手な偏見は,長男が入園して
すぐに打ち砕かれたというわけです。

土地家屋調査士試験における三角関数についても,
その内容は高1レベルと易しいのですが,
食わず嫌いな方が多いように思います。
これもただの食わず嫌いであり,
ちゃんとインプット完成講座を通じて学習すれば,
あら不思議。
講座が終了する頃には,
関数電卓を使って試験問題を解く程度なら十分扱えるようになっているはずです。

勉強時間が取れないという理由ならば,諦めるのも仕方が無いと思いますが,
数学が苦手というだけで,土地家屋調査士を諦めるのはもったいないです。

LECで調査士試験に合格して,
建物表題登記や土地分筆登記を申請しまくりましょう!
posted by tonogai at 08:57| 日記

2010年04月04日

物事の多面性と答練の重要性

4月1日に,行政書士登録証の交付式に行ってきました。
新規登録者の半数以上が,兼業者でした。
それぞれの専門知識を垣間見ることができ,
また,新しい出会い自体に,なにか心ときめくものがありました。

交付式の後に役員の方から伺った,
接客方法に関するアドバイスに心打たれました。
押しの営業ではなく,思い切って引いてみなさいとのことです。

このように書くと,何をアタリマエのことにおおげさなと思われるでしょうが,
今の私は真逆の押しの営業のことしか頭になかったので,
私の心に響いたのだと思います。

本質的には,押しの営業も引きの営業にもそれぞれメリットが有り,
デメリットも有るわけで,そういった物事の2面性って,
試験問題にも当てはまるなあとふと思いました。


問題1
 一筆の土地の一部分の地目が雑種地から宅地に変更した場合において申請する土地の一部地目変更分筆の登記は,共有者の一人から申請することができる。
→正

これは,調査士受験生であれば即答できる共有に関する簡単な問題です。
これを,少し書き換えてみます。

問題2(焼き直し)
 一筆の土地の一部分の地目が山林から原野に変更した場合において申請する土地の一部地目変更分筆の登記は,共有者の全員から申請しなければならない。
→誤

問題3(応用問題)
 一筆の土地の一部分の地目が山林から原野に変更した場合において申請する土地の一部地目変更分筆の登記は,共有者の過半数から申請しなければならない。
→誤

こうやって問題を3問並べると,
なんだ一緒の論点の問題じゃんと思いませんか。
けどこれが,別々の問題に見えちゃうことがあるんです。
解説を見て,あぁこのことだったのかと深く溜息をつきたくなる瞬間です。

なお,3問目のどこが応用問題なんだって感じですが,
過去問の出題頻度でいうと,この3問目は難易度が高いことになります。
けど,問われている論点さえ正確に把握できれば,回答は容易です。

「論点の正確な把握」
こういった技術を身に付けるには,同じ過去問を何度も解くより,
答練で過去問とは違った切り口の問題に数多く触れて
慣れていただくのが一番です。

私は,根っからの答練大好き人間ですので,
このブログでは答練のいいことばっかり書いてます。
けど,それだけおすすめなんです。

こと答練に関しては,いい方の面ばかりが見え,
他方の悪い面は,お金がかかるぐらいしか思い当たりません。


前回の記事は,金子先生のブログのように,上手く書こうとしたんですが,なかなかうまくゆかず話の流れが強引になってしまいます。真似してあの先生の凄さが分かりました。勉強になります。
posted by tonogai at 03:11| 日記

2010年03月27日

行政書士

さりげなく,日本行政書士会連合会に登録をしました。
調査士から遅れること半年後の登録です。

半年遅らせた理由は,我が家にはあまりお金がないせいもありますが,
まずは土地家屋調査士の仕事を覚えることに専念したかったからです。

さて,今日初めて行政書士会の支部の研修会に参加したんですが,
みなさん土地家屋調査士をご存じの方ばかりだったことが,
かなりうれしかったです。


ところで,行政書士業務の中で,土地家屋調査士業務と関連が深いのは,
農地法第3条,4条,5条に関する転用許可の申請です。

過去問の焼き直し問題
 土地の地目を田から宅地に変更する登記を申請するときは,申請情報に記載する登記の原因日付には,農地法上の都道府県知事等の許可があった日を記載する。
→誤
原因日付には,その現状の変更が生じた日を記載します。

なお,農地転用許可書を添付情報としないことが
不動産登記法第25条の却下事由に該当するわけではありませんが,
実務上は手続きの円滑化のために添付するのが一般的です。

という感じのことであれば,スラスラ答えられるんですが,
行政書士の研修会では借地借家法のことを聞かれまして,その場でちゃんと答えられませんでした。
posted by tonogai at 23:33| 日記

2010年03月25日

4月1日から Online Study が新しくなります。

LECで通信講座を受講されている方は,
Web通信・音声ダウンロード・DVDの中から,
ご自身のスタイルに合わせて選択されていることと思いますが,
Web通信・音声ダウンロードで受講されている方に朗報です。
Online Studyが,新たにOnline Study SPとなります。
http://www.lec-jp.com/tsushin/ossp/

Online Studyというのは,
LECが提供するインターネットを利用した学習環境です。
Webを通じて講義を見ることができるのはもちろん,
板書を見たり,印刷したり,
また講義の音声をダウンロードすることができます。
このOnline Studyが,新しくなります。
名前にSPとつくだけあって,いろんな点が変更されます。
このうち,私が特に嬉しかったのは,
画面の解像度が高くなったことです。
旧OnlineStudyは,縦360×横240でしたが,
OnlineStudy SPでは,縦640×横480となります。

ただ,注意していただきたいのは,
土地家屋調査士での対象講座は,今のところ
・2010年合格目標はじめての三角定規講座(Web)
のみですので,4月以降開講される講座から順次,
対応すると思われます。今から楽しみです。


話は変わりますが,私がこのブログをはじめようと思ったのは,
・LECのキャンペーンが多いので,特にお得なものについては紹介したい
・LECの講座は種類が豊富なので,その概要と組み合わせを紹介したい
・面白かったり,ためになる裏技講座を紹介したい

等といった理由からです。これからすこしずつ実現していこうと思います。
今後の「ぽちぽちすーっささ」にご期待下さい!
posted by tonogai at 21:11| 日記

2010年03月18日

春の一発合格祭りで3割引,3月29日まで!

一発合格祭りといって,
私好みのバーゲン好きにはたまらない
めちゃんこおすすめなキャンペーンが,
明日3月19日から始まります。

一発合格講座は,
内容が1年古いものになることから,
大変お求め安くなっております。

私が2年前に受講したのが,この一発合格講座でした。
今でもはっきりと値段を覚えております。
当時ディスカウント価格で20万円にて購入しました。

それが,デフレのせいかは分かりませんが,
2年経った現在では,Web+音声ダウンロードで115,000円となっております。

そしてさらに!今回のキャンペーンでは,
ここから3割引となるわけです。
正直,ちょっと安すぎるのではと思います。

その上,5%のGOGOポイントが付きます。
そこで,一発合格講座が1年古いことを心配していらっしゃる方は,
このポイントを使って最新の答練を受講することをおすすめします。
一発合格講座最新の答練で,
合格に必要な最低限の知識が習得可能です。


なお,本講座での学習の際は,
三角定規が必要となりますので,ぜひ一緒にお求めください。
そのほか六法,全円の分度器,関数電卓などの購入が必要ですが,
これらはLEC以外で手に入ります。

祭りだ祭りだ!ワッショイ!ワッショイ!
というわけで,もし宜しければすぐ下にあるバナーをクリックして,
一度ご検討いただければなと思います。

posted by tonogai at 23:00| 日記

2010年03月16日

確定申告 最終日

確定申告の最終日である3月15日朝一に,
白色申告をe-Taxにて申告しました。

e-Taxだと,
所得税申告書と収支内訳書を作成して送信するだけで申告は完了し,
今まで紙申請だと必要だった添付書類のうち,
源泉徴収票や各種保険の控除証明書等については,
提出省略することができます。
また,還付金もスピーディーです。

不動産の表示に関する登記だと,
私は特例方式しかやっていないこともあり,
あまりオンライン申請の利便性を感じたことがありませんでしたが,
e-Taxを使ってみて,環境設定やその使いやすさから,たいしたトラブルもなく自宅から確定申告があっさりできたので,その使いやすさに驚きました。
国民が本人申請をしやすいように電子化を進めているって聞いても,
今までぴんとこなかったんですが,ようやくその意味がわかりました。


というわけで,税務署に行くことなく,申告を終える予定だったんですが,
まさかの添付漏れをやってしまいました。
次の表をクリックしてご覧下さい。
aaa1.GIF
これは,私がe-Taxにて申告をした際に発行された申告書等送信票の一部です。
見てびっくり。
なんと,「収支内訳書」の提出区分が,郵送等になっているじゃありませんか。
せっかくオンラインで収支内訳書を作成したのに,添付するのを忘れていたようです。
添付書類をつけずに確定申告書のみをオンラインで申請してしまいました。

というわけで,税務署が一年で一番混んでいる本日,
朝一にe-Taxで電子申請をしたにもかかわらず,昼から税務署へ行ってきました。
e-Taxでも特例方式と同じことをやっている自分に,苦笑いでした。
posted by tonogai at 00:37| 日記

2010年03月15日

マスター答練フルパック 通信クラスはすでに発送開始です。

3月も半ばになり,いよいよ,マスター答練フルパックの第1弾,
スタンダードマスター答練が開講します。
生クラス(水道橋クラス)は,3月21日から開講ですが,
通信クラスは,3月11日よりすでに発送が開始しております。

マスター答練フルパックには,次の4つの答練で構成されています。
・スタンダードマスター答練(全5回)★
・ハイグレードマスター答練(全5回)★
・直前ファイナル答練(全8回)★
・直前最終チェック模試(全2回)
※ ★印は,添削・成績処理があります。

マスター答練フルパックは,全20回分とかなりの分量となっております。
これは,週に1回ペースで受講すると,約5ヶ月かかる計算です。
ですので,この答練を受講すると,
あとはノンストップで本試験まで突っ走ることになります!

なお,この答練のすごいところは,ただ突っ走るのではなく
ちゃんと計算されたスケジュール管理を元に,走るところです。
これは答練が,いわばペースメーカーの役割を果たします。

それぞれの答練を簡単にご紹介します。
スタンダードマスター答練では,
過去問やテキストにある論点を重点的に制覇します。
ハイグレードマスター答練では,
応用論点や,シビアな時間配分等を身につけます。
そして,本試験さながらの直前ファイナル答練では,
本試験出題予想問題を押さえます。
最後に,直前最終チェック模試では,
調査士試験の押さえどころを総ざらいに復習します。

よくできてますよね!


このブログを古くから読まれている方はご存知でしょうが,
受験生当時,もし私が一発合格を果たせなかった場合に受講しようと思っていた講座が,
こういった答練を数多くこなす講座でした。
モチベーションの維持に重点を置いていた自分には,
新作問題&成績処理付というのが,何より魅力的でした。


なお,スタンダードマスター答練の択一(通信)は,
横内先生(ブログはこちら)が解説を,
そして書式(通信)は私が解説をしております。
下のリンクから講座案内をご覧いただけますので,どうぞよろしくお願いいたします。


マスター答練フルパック 学習のペースメーカーに最適!

※追記
スタンダードマスター答練 答案提出の締切は,次のとおりです。
第1回 3/26(金)←締切が伸びました。
第2回 4/2 (金)
第3回 4/2 (金)
第4回 4/9 (金)
第5回 4/16(金)
posted by tonogai at 02:50| 日記

2010年03月04日

オンライン申請

オンライン申請というとe-TAXが有名ですが、
不動産登記や商業登記の申請についても、
オンラインにて申請をすることができます。

ただ、環境設定が複雑で、
申請方式が従来からある紙申請とは異なりますから、
敷居は高めです。

私も昨年末、初めてオンライン申請に挑戦しましたが、
電子署名がうまくできずに苦労しました。
そのとき参考にしたのが、
熊本会の坂本隆一先生のホームページです。
情報が充実しているし、内容もまとまっているので、
おすすめです。

確定申告の季節です。
不動産登記のオンライン申請をするために買ったカードリーダが手元にあるし、
住民基本台帳カードも5年ほど前に作成していたので、
あとは区役所で電子証明書を取得すれば、
e-Taxにて確定申告ができるそうです。

ですので、ちょっとがんばって挑戦してみようかなと思っている今日この頃です。
posted by tonogai at 15:25| 日記