2011年11月07日

口述試験

今日は,土地家屋調査士試験の口述試験の日でした。
受験された皆様,お疲れ様でした。
次は合格証書の授与式です。
めでたいっす。本当におめでとうございます。


話は変わって今日から,大津地方法務局が移転しました。
今までは仮庁舎だったのですが,今後は大津びわこ合同庁舎になります。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/111008/shg11100802080003-n1.htm
JR大津駅,県庁のすぐ近く,裁判所の隣です。

先週の金曜日にも行っていたので移転が近いことは知っていたのですが,
まだ先だろうと勘違いしていたため,
前の仮庁舎に行ってしまいました。

実際行ってみるとかなりきれいでした。
引越しでごった返してるのかなと思ったのですが,
午後から行ったせいか別にそうでもなかったです。
posted by tonogai at 23:50| 日記

2011年09月14日

ぶどう狩り

先日,ぶどう狩りに行ってきました。
「狩り」という言葉から,
ブドウを狩って狩って狩りまくるイメージだったのですが,
巨峰なので,そんなにいっぱい食べられませんでした。

味は,ブドウ自体は甘くてプリプリしているんですが,
自然の中で育っているブドウなので,生暖かいです。
冷やして食べたかったです。


さて,登記に関してですが,
合体による登記等の登記の目的が長くて覚えられねーよという方がいらっしゃいます。
確かにレックの模範解答の登記の目的は長いです。

ただ,別にこれ通り各必要はないのですが,
じゃあどんなふうに書けばいいねんとお困りの方は,
「合体による建物の表題登記及び合体前の建物の表題部登記の抹消」
と書いてはいかがでしょうか。
この表記は,法務省が無料配布している申請用総合ソフトにひな形として記載されています。

ちなみに,合体の登記は常に登記官による実地調査があると思われがちですが,
調査報告書の記載内容や不動産の権利関係によっては,必ずしも実地調査をするわけではないそうです。
posted by tonogai at 14:43| 日記

2011年08月23日

解答速報 2011年土地家屋調査士筆記試験:本試験まで待ったなし!

調査士試験の受験生の皆様,
本当に本試験お疲れ様でした。



さて,LECでは解答速報をやっております。
解答速報 2011年土地家屋調査士筆記試験:本試験まで待ったなし!

ぜひ登録して,ご自身の答えをチェックしてみてください。


これから合格発表までの過ごし方ですが,
なんにも勉強しないと,暗記したことがどんどん抜けてしまいます。

口述試験対策,そしてもしもの不合格の両方に備えて,
たまにテキストを読んだり過去問をやっておくことをお勧めします。
一旦忘れると,覚え直すのが大変なんです。

私の場合は,定着した知識であっても1ヶ月放っておくと徐々に怪しくなってきます。
だけど,テキストを月に1回でもパラパラっと見ておくと,結構忘れないものなんです。

暗記した知識を忘れる速度は,定着度によって個人差があります。
たまにでいいのでご自身のペースで復習しましょう!
posted by tonogai at 12:29| 日記

2011年07月12日

更新が滞っていてすいませんでした。再開です。

更新が滞っており,すみませんでした。
実はパソコンが壊れたのをキッカケに,新たに買い直しまして
ID,PASSを記録していたブラウザにアクセスできず,自分のブログにログインできなくなっておりました。

さすがにこれはまずいと思いつつも,日々の業務にかまけて後回しになってしまいました。


京都校の答練に来てくださっている方や,
講義確認で定期的に連絡をとっている中野のみんなはご存知とは思いますが,私は元気にしておりました。


元気な証拠じゃないですが,来週の中頃に京都駅前校の受講生の皆さんと親睦会を開きます。
生クラスといえば親睦会でしょう。
受講生同士の情報交換や,講義じゃ聞けないあんな事やこんなことに花を咲かせ,
受験戦争の束の間の休息になればなと思っております。

そんな楽しく素敵な外海クラスがあるのはLECだけ!
京都駅前校バンザイ!
posted by tonogai at 04:13| 日記

2011年05月24日

本試験直前ヤマ当て講座

●本試験直前ヤマ当て講座(全2回)

本試験での出題予想論点について、解説講義をする講座です。

なんとすべての会場で、生講義です。
よく段取りがついたなぁと思います。

普段生講義をやっていない会場でもやっていますので、
お近くのLECで実施されているかを、ぜひご確認ください。

ちなみに、京都駅前校では私が担当します。
ヤマを張って本試験を当てにいきますので、ぜひお申し込みください。
posted by tonogai at 04:46| 日記

2011年05月17日

えんまち会で,鍋奉行

かねてより鍋奉行としてデビューするタイミングを狙っていた私ですが,
先日,ついにその機会がやってまいりました。
それは,「えんまち会」という,西大路丸太町近辺にゆかりのある方達で友好を深めようという会です。

宴会の開始時刻は19:30で,終了時間は22:00の予定でした。
くしくも,調査士試験の午後試験と時間の長さが同じです。

宴会が始まったしばらくは,私に任せろとばかりに意気揚々と具材を入れつつ火加減を管理していました。
ですが後半に入るにつれ,徐々に目線は鍋から離れてしまい,最後は放棄してしまいました。

敗因ですが,慣れていないせいもあって,完全にペース配分を間違えてしまい,
上手く均等に鍋を管理することができませんでした。

ただ,救いもあって,同じテーブルの向かいに気立ての良い方がいらっしゃって,
その方のおかげで鍋の味は最後までとても美味しい状態をキープしておりました。

なお,各テーブルごとの鍋の味の違いをチェックをする時間的余裕は,ありませんでした。

正直,もっと食べたかったです。

1回に入れる野菜の量であったり,具材を入れる順番やタイミングなど,
まだまだ知らないことが多すぎますし,
お話ししながら食べて,かつ鍋奉行をするというのは,かなり難しいことかもしれんと思いました。

現時点では,鍋奉行と名乗るのもオコガマシイレベルですが,
いつか一流と呼ばれるように,今後も精進しようと思います。
posted by tonogai at 01:40| 日記

2011年04月22日

HGマスター答練が始まります。

梅田駅前本校にてスタンダードマスター答練全5回の生クラスが終了しました。
最終回では,皆さんと楽しく昼食をとることができて,本当によかったです。

次の日曜日からは,いよいよハイグレードマスター答練が始まります。
書式の解説講義は,スタンダードマスター答練に引き続き私が担当しますが,
択一の解説講義は,他の先生が担当となります。

どうぞお楽しみに。
posted by tonogai at 03:04| 日記

2011年03月29日

鍋の味

3月25日に,お店で鍋を食べてきました。
4人で1つの鍋を囲っていて,
全部で4つの同じ鍋がありました。
豚・牛すきやきっぽい鍋です。

4つの鍋うち,3つの鍋を食べることができ,
そこで味の違いを確信しましたので,ご報告します。

お店の鍋なんて,どれも味が一緒とおもいきや,それぞれ違いました。
材料やだしがすべて一緒なのに,不思議です。

鍋奉行が1人いる席の鍋は,大変美味しくなりますが,
鍋奉行のいない席の鍋は,炊きすぎて味が濃くなったりお肉が固くなり,えらいことになるんです。
鍋料理を食べに行くときは,鍋奉行のいる席に座るのが得策です。

ただ,鍋奉行がいないということは,鍋奉行が腕をふるう隙がないぐらいに
その席が盛り上がっているとも言えます。
みんなが話に夢中になると,ついつい炊き過ぎになってしまいます。

味を取るか,盛り上がりを取るか,難しい選択です。
盛り上がっていて鍋がおいしい席というのは,鍋奉行の献身的な管理によってのみ実現します。

そこで,私の目指すべき方向が,決まりました。
平成23年度の抱負ですが,立派な鍋奉行を勤めようと思います。

「外海さんがいたおかげで,最高においしかったよ!」
「外海さんの火加減は最高だね!」
「すごいよ外海さん!表示登記は全部お願いするよ!」

なんて言ってもらえるように,精進します。

なお,個人的には,4つのうち1つの鍋を食べそこねたことが悔やまれました。
posted by tonogai at 08:21| 日記

2011年02月28日

合格祈願

昨日,嫁の妹の結婚式へ行きました。
とってもお似合いのお二人です。
東男に京女という昔からとってもよいとされている組み合わせです。

場所は,京都らしさへのこだわりから,上賀茂神社です。世界遺産です。
まるで大河ドラマのワンシーンを見ているような結婚式です。

そんな趣きのある結婚式を楽しもうと思っていたのに,
もうすぐ2歳になる次男がくずりにぐずりまくって,
式が始まって早々に,次男を連れて本殿の外に出ることになってしまいました。
本当に残念です。


観光客に混じってぶらぶらしていたら,
合格祈願の絵馬を発見しました。
そこで,折角の機会なので,LECの受講生の皆様の合格を,祈願しました。


ema-omote.jpg


ema-ura.jpg

その後行った披露宴で,なんと土地家屋調査士と似ている桐紋を発見しました。
嬉しかったので,思わず撮影ました。
ryoutei.jpg
posted by tonogai at 03:45| 日記

2011年01月24日

地積測量図の記載事項

H23年度の試験より,地積測量図には
「平面直角座標系の番号又は記号(不動産登記規則77TF)」と,
「測量の年月日(不動産登記規則77TI)」の記載が必要になります。

地積測量図を書き上げた後に,記載漏れの有無をチェックされていると思いますが,
新しくこの2つについてもチェックしましょう。

私のチェック方法をご紹介します。
数字を数えながら,指さし確認で1つ1つをチェックします。
1 方位
2 縮尺
3 申請人欄
4 作成者欄
5 地番
6 隣地番
7 筆界点間の距離
8 境界標の表示
9 基本三角点等の表示
10座標値及び求積の方法
11地積
12土地の所在欄
13平面直角座標系の番号または記号
14測量の年月日

受験生のころからの癖がそのまま残っており,
旧法の名残もあって,こんな変な順番で確認しています。

みなさんは,規則77条第1項の順番や,
時計回りにチェックする等,
合理的な順序で確認することをお勧めします。
posted by tonogai at 00:53| 日記