2011年05月17日

えんまち会で,鍋奉行

かねてより鍋奉行としてデビューするタイミングを狙っていた私ですが,
先日,ついにその機会がやってまいりました。
それは,「えんまち会」という,西大路丸太町近辺にゆかりのある方達で友好を深めようという会です。

宴会の開始時刻は19:30で,終了時間は22:00の予定でした。
くしくも,調査士試験の午後試験と時間の長さが同じです。

宴会が始まったしばらくは,私に任せろとばかりに意気揚々と具材を入れつつ火加減を管理していました。
ですが後半に入るにつれ,徐々に目線は鍋から離れてしまい,最後は放棄してしまいました。

敗因ですが,慣れていないせいもあって,完全にペース配分を間違えてしまい,
上手く均等に鍋を管理することができませんでした。

ただ,救いもあって,同じテーブルの向かいに気立ての良い方がいらっしゃって,
その方のおかげで鍋の味は最後までとても美味しい状態をキープしておりました。

なお,各テーブルごとの鍋の味の違いをチェックをする時間的余裕は,ありませんでした。

正直,もっと食べたかったです。

1回に入れる野菜の量であったり,具材を入れる順番やタイミングなど,
まだまだ知らないことが多すぎますし,
お話ししながら食べて,かつ鍋奉行をするというのは,かなり難しいことかもしれんと思いました。

現時点では,鍋奉行と名乗るのもオコガマシイレベルですが,
いつか一流と呼ばれるように,今後も精進しようと思います。
posted by tonogai at 01:40| 日記